本文へ移動

On Plane House ブログ

エコフリースとは?

2022-01-18
今回は新築に採用しているエコフリースという壁紙を紹介します。
  
ビニールクロスは知っているけどエコフリースって何?
 
現在の日本の住宅ではビニールクロス仕上げが大半を占めています。
それはなぜか。
壁紙としての性能よりも「施工性」「コスト」「手軽さ」の面が重要視され、その点においてビニールクロスが優れているからです。
エコフリースは、一般的なビニールクロスとあまり変わらない施工性で、
塗り壁のような美しい施工性と、優れた透湿性・耐久性を実現している壁紙です。
 
材料は自然素材を主原料として壁紙用のフリース(不織布)に工場塗装して作られています。
しなやかで強靱な不織布でできており、摩擦や衝撃に強くとても優れた耐久性を誇ります。
 躯体が動いてもクロス切れやクラックが発生しにくく、
ビニールクロスと比較して経年劣化による目地開き等も起こりません。
 
ビニールクロスにはない高い通気性と透湿性

通気性・透湿性が高く、結露やカビの発生を抑えます。
エコフリースが湿度の緩衝帯となって、室内の湿度環境の安定が図れます。
高温多湿の日本の住まいでは昔から調湿性に優れた素材が使われてきました。

画像をみると一目瞭然ですね。
ビニールクロスと違い、エコフリースは呼吸する壁紙なので透湿効果が高く調湿性に優れています。
近年は結露によるカビは健康にも影響があり問題視されています。
 
「手軽さ」だけでビニールクロスにして冬場は結露で窓周りにカビが…。なんて事が起こるかもしれません。
壁紙ひとつでもいろいろな素材、種類があることを覚えておいて下さいね。
様々な知識をしっかり活かして、住み心地のよい家を創りましょう。
TOPへ戻る