本文へ移動

RENOVATION




HOUSE IN HOUSE
ハウスINハウスの断熱リフォームとは






メリット盛りだくさんの断熱リフォーム。



住まいの断熱は、生活を改善する。



「壊さない」という新発想。




高断熱の家は室外からの熱気・冷気の流入を減らすと同時に、室内の暖かさ・涼しさは外に逃げづらくなるので、「夏涼しく、冬は暖かい」快適な暮らしを実現します。
また断熱をしっかり施すことで、家の中の温度差がなくなり住む人の身体への負担が軽くなります。
さらにエアコンな ど冷暖房機器の“効き”が格段に良くなるため、光熱費も以前より安くなるうれしいオマケ付き。
年間最大 30% 前後の電気代削減効果が期待できます。
暮らしの快適さを実現するのはもちろん、健康やお財布にも良い効果をもたらしてくれる。
断熱リフォームは、そんな良いこと盛りだくさんのリフォームです。






断熱リフォームは、今までの生活をひっくり返すような、さまざまな良い影響をもたらしてくれます。一言で言い換えるならまさに、「生活改善リフォーム」。具体的には以下のような暮らしの中のお悩みを解決し、みなさんの生活をより快適なものへと改善します。
例えば冬の寒い日。断熱性能の低い家では、夜間にせっかく暖めた室内の熱が家の外に流出してしまいます。そのため就寝前には室温が 20°C以上あったとしても、朝には10°C以下になっているなんてことも。 断熱リフォームを行うことで、暖かさが朝まで持続する部屋になり、起床後に布団から出るのもスムーズになります。 





快適な暮らしを送るために特に気になるのが、家の中の暑さや寒さ。「断熱リフォーム」を施すことで、夏涼しく、冬は暖かい快適な住まいを実現することができます。しかし従来の断熱リフォーム工事は、壁や床を一度壊す大掛かりなものが一般的で、費用も高額になりがちでした。 そこでハウスINハウスが考えたのは、「お家の中にお家をつくる」リフォーム方法。天井・壁・床にオリジナルパネルを貼り込み、内側からしっかりと覆うことで、涼しさや暖かさを逃さず、高い断熱性能を発揮します。また家全体ではなく、生活エリアのみなど必要なところにだけ手を入れる部分的な施工も可能です。“手軽さ”と“快適さ”を両立させ、家を壊さず「新築品質」にまで性能を引き上げる。それがハウスINハウスのリフォームの新発想です。 










断熱リフォームの流れ
ハウスINハウスでリフォームする時の流れを説明します。








STEP① 
「リフォーム体感会」に参加

断熱リフォームを施した家の快適さを実際に『体感』していただくイベントです。
フォームの出来上がりはもちろん、特長である「高気密、高断熱」を体感していただくことでハウスINハウスの良さを感じていただけます。  





STEP②
住まいの健康チェック

お客様のお宅に訪問し、お住まいの状況(断熱など)を簡易な調査をさせていただきます。もちろん、今のお住いのお困りごとやお客様がリフォームしたい箇所や中身のご要望もお聞かせください。





STEP③
リフォーム内容の検討と資金計画の相談

ご希望のリフォームを叶えるための工事費の概算や設備や工事に関わる情報提供をさせていただきます。あわせて、お客様おひとりおひとりの現在の暮らしや将来設計まで考えた資金計画の相談とご提案をいたします。将来まで考えた資金計画があればリフォームを無理なくご検討いただけます。 






STEP④
プラン提案→基本プラン確定

調査結果、そしてこれまでのヒアリング内容をふまえ、プラン(間取り)のご提案をします。
断熱リフォームを施すお部屋の箇所を決めて、基本となる間取り設計プランを確定します。 





STEP⑤
工事請負基本契約の締結

リフォーム工事の着工にあたり、工事請負基本契約を締結します。壁紙のカラーリングといった内装仕様については、その後の「仕様打合せ」で決めていきます。 






STEP⑥
着工~完成。 

竣工後の立会い検査を経て、お引渡しです。一段と綺麗に、高性能に生まれ変わった我が家で快適な生活をお過ごしください。












TOPへ戻る