本文へ移動

NEW CONSTRUC​​​​​​​TION




STRENGTH
新築の強み






高気密・高断熱の秘密はC値とUA値にあります。



構造専門の建築士が耐震性を厳密にチェック。



建築家が設計するマイホームを手の届く価格で。



住宅の断熱性は「Q値」または「UA値」という指標で表されます。この数字が小さいほど熱が逃げにくい”高断熱の家”になります。R+houseは、Q値・UA値ともに日本の断熱化基準である「省エネ基準」を大きく上回っています。(R+house参考数値 0.46w/㎡・k)高断熱な住宅をより快適な状態で長持ちさせるためには、「高い気密性」を併せ持つことが重要になります。高気密とは部材同士の隙間をなくし家内外の空気の出入りを少なくした状態。その性能は、床面積当たりどれくらいの隙間があるかを示す「C値」で表され、数値が少ないほど気密性が高いことを意味します。R+houseのC値の標準は、これまでの日本の目標5.0㎝²/㎡ をはるかに超える0.5㎝²/㎡ 。全棟C値測定を行い確認します。





地震大国と言われる日本だからこそ、家を建てるときには「耐震性」にも十分に気を配りたいもの。R+houseは2つのポイントで、地震に強い家を実現しています。
POINT① R+houseのすべての住宅は、構造専門の建築士が、その耐震性をさまざまな角度から厳密にチェックしています。
POINT② R+houseは、オリジナルのR+パネルで“面”全体を支える「パネル工法」を用いています。
面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。
  





誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。

そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。

「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。











家づくりの流れ
R+houseで家を建てる時の流れを説明します。









STEP① 
家づくりの基本的な知識を身につける

地域のR+house店舗が主催する「賢い家づくり勉強会」に参加します。
資金計画を相談します。
家を建てる土地探しを行います。(R+house店舗で、一緒に土地探しを行うことも可能です)





STEP②
R+houseの「完成見学会」で施工事例を見る

R+houseの施工事例を「完成見学会」に参加して、実際に体感します。
建主の方に、生の感想や評価などを伺います。
地域のR+house店舗で開催している個別のセミナーや勉強会に参加します。





STEP③
土地を入手し、敷地調査を行う

地域のR+house店舗に、家のプラン作成の申し込みをします。
土地の広さ・形状・地盤・建築条件・水道ガスの有無などを調査します。
建築家に伝えるための住宅要望書を、家族で話し合って作成します。






STEP④
建築家と打ち合わせをし、プランを決定する

建築家との打ち合わせは、原則3回。
建築家との初回打ち合わせであなたのこだわり・要望や大切にしているライフスタイルを伝えます。
初回打ち合わせの2週間後、建築家がプランを提示します。
修正を反映したプランを建築家・工務店・建主の三者で最終確認し、工事の準備を進めます。












STEP⑤
設計申し込みをし、最終契約を結ぶ

図面が完成したら、所定の検査機関に建築確認申請を提出します。
長期優良住宅申請をした場合は許可を待ちます。
申請が下りれば、設計・施工請負契約を取り交わし、着工に進みます。






STEP⑥
着工~完成。 
いよいよ、引っ越しへ












TOPへ戻る